「ドル」基軸通貨見直し論が高まる

オバマ米大統領の一般教書演説:サブプライム問題以降のリセッションにっはいった米国経済。オバマ大統領は民主党逆風の中で苦悩しているようだ。どうなるのか強い米国と強いドル。FX投資家なら誰もが注目する一般教書演説をご紹介したい。オバマ米大統領は、25日の一般教書演説で、米経済が回復し、再び拡大していると強調し、超党派の取り組みを訴えた。予算の一部凍結を表明し、巨額の財政赤字削減に野党・共和党と共に取り組む姿勢も示し、国民の高失業率や財政赤字増加への懸念に応える。

米国大統領白書 第1巻

あたらしい年が始まったが、米国民は、幾世代新にもわたって経験したどのリセッションにも匹敵する深くかつ痛ましい影響をなお受けている。わたくしは、国中を旅行し、過去2年間において、数え切れないほど多くの職を失った人々に会ってきた。労働者のためのヘルスケア支出に苦闘する中小企業家、処方薬を買えない高齢者、勘定の支払いに困難を来し、子供たちのためや自身の定年後のために貯蓄することさえ困難になっている人たちにわたくしは会ってきた。このリセッションの影響は、経済的安定を待ち望む人や中流階級の人たちに対しては、その衰退の10年の結末として及んでいる。

 

同時に、過去2年の間に、われわれはまた、希望の持てる理由をも見てきている。というのは、この困難にあっても、わが米国民は、はつらつとしており、この国の将来的希望に対して不屈の信頼をしっかりと持ち続けているからである。

 

その断固たる決意が、米国民へ、わが国の困難な時期を乗り越える力を与えるのだ。そして、その不抜の精神が今日われわれに偉大な強さをもたらしているのだ。つまるところ、わが労働者は常に生産的である。米国企業はなおイノベーションにおいて先端を走っている。われわれの潜在能力は、なお比類のないものだ。わが国家の任務-そしてわが政権の目標は、そのイノベーション魂と生産的エネルギーを高め、職を創造し、所得を高め、広範に分かち合い維持される経済成長を育む潜在力を高めることである。この経済をリセッションから回復へと導くだけでは十分ではない。われわれは、経済を新しくかつ強力な基礎の上に再建しなければならないのだ。

 

1年が過ぎようとしているが、この仕事はすでに開始されているとわたくしは申し上げたい。来るべき年においてもこの仕事は継続される。しかしながら、われわれが次の年以降、どこをめざさなければならないかを理解するには、1年前の出発点を思い出すことが肝要である。